2012

ここ最近、数年で一躍話題になったこの数字。
「2012」とは、そのまま2012年のこと。

1999年や2000年は、ノストラのおっさんが予言した
世紀末地球滅亡説で、メディアが挙って話題に取り上げた。

これは、恐怖の大王=隕石だか惑星だかが降り注いで、
地球が未曾有の危機に!ってことで話題になったのも
今や懐かしい話になるのかもしれない。

しかし、2012年って何があるわけ?
ってやつは、まだ結構多いのかもしれない。

2012年は簡単に言うと、
超古代文明といわれているマヤ文明の長期暦が終わっている年で、
その終わっている日というのが、2012年の12月21日あたりなのです。

紀元前の文明が、2012年まで暦を記しながら
何故ここで終わっているかと言う話になると、
諸説が色々あってまた面白いわけだが、

「太陽嵐」で大変なことになっちゃって、
世界中の電子機器が全て作動しなくなっちゃって、
世界恐慌になって地球上のあらゆるものが麻痺したり、
「フォトンベルト」に地球がすっぽり入っちゃって、
世界中で大災害が相次いで起こったり、
人類や生物に異常が起こって覚醒したりとか
色々な説はあるわけです。

まぁそんな感じで色々ネタは尽きないわけです。
ここでは面倒なので説明は省きますがね。
興味ある人は、自分で調べるといいよ。

決定的に世紀末のときと違うところは、
~が降って来る!ではないところですねぇ。

実際、近年の異常気象とか、
世界で起こっている不可思議な現象の数々は、
フォトンベルトに地球が既に入りだしてるとかもあるが、
フォトンベルトって抜け出すまでに2000年ぐらいかかるらしいよ。

それが、地球がすっぽり覆われるのが2012年とか言ってるのに
何でまだ入りだした頃なんだよ!というツッコミ自体無意味。

まぁ太陽嵐の方は、過去の時代にもあったことなので、
ありえないことではなかったりします。
まぁそれはもういいとしよう。

と、言うわけで、
勿論、こんなネタをメディアが放って置くわけもなく
最近TVやネットでもすっかり話題になった「2012」というキーワード。

ハリウッドでも当然この数字を題材にした映画が制作され
今年から公開されていきますよ。

今年まず公開されるのが、ディープインパクトやデイアフタトゥモローで有名な
ローランドエメリッヒ監督の作品、その名も「2012」ですね。

既にトレーラーは公開されてますが、
かなり楽しみな感じになってそうで、非常に見たいわけですわ。
SFが好きで、地球滅亡系も勿論大好きな俺には、たまらないわけです。

そして来年には、マイケルベイが2012を題材にした映画を公開するらしいが、
まずマイケルベイと言えば、公開したばかりのアレですよ。
トランスフォーマーリベンジでしょ!

トランスフォーマーつったら、
俺がガキの頃、大人気だったロボ系のアニメで、
よくトランスフォーマーの玩具で遊んでましたなぁ。

実際、映画化するって最初聞いても
いまいち最初ピンとこなかったんだが、マイケルベイは凄いね。
前作のトランスフォーマーは最近のSFでは、久々に面白かった。
一番懸念してたトランスフォームの再現がマジカッケー!

まぁ戦闘シーンになると、ちょっと分かり難い部分もあったが、
内容的にも良かったし、2作目もかなり期待出来るんじゃないだろうか。
今作も主題歌はリンキンが担当していて、新曲だそうだ。
とりあえず、今一番見たいなぁと思ってる映画です。

因みに、3が大コケして黒歴史となったターミネーターの新作
ターミネーター4についてだが、
3は別に黒歴史にするほど酷いとは思わないし、
1や2と比べると物足りなかったというレベルだと思う。
あとは配役だろうね・・・。

んで、4は新3部作ってことで、別物の映画のようになってるが、
懐かしい部分も出てきたりして、映画としては中々よい。
シュワちゃんは、CGしか出てこないけどね!!!
http://news.walkerplus.com/2009/0604/7/

あとは、前作で散々叩かれたジョンコナー役がクリスチャンベールなので
まぁ格好良いのは当然だが、毎回ジョン役が違うのもどうかとw
だいたい、2⇒4ならわかるが、2⇒3⇒4という進化はねぇだろw

とりあえず一番気になることは、
ロボコップ4は、来年ちゃんと公開出来るのかってことだ!!


この投稿へのリンク

Read Users' Comments ( 0 )

かなり長くなると思うが、
プロレスとの思い出について話してみたいと思う。


俺は好きなものを3つ上げろと言われたら
タバコ、音楽、プロレスと、間違いなく言うぐらい
プロレスはガキの頃から大好きである。

元来、飽き性の俺が未だにガキの頃から愛してるのがその3つで
その中でもプロレス好きは一番長い。


プロレスを始めて見たのは小学校2年か3年頃。
時代は平成になったばかりの頃で、
当時、親父が見ていたプロレスを何気なく一緒に見ていた。

まだ猪木も馬場も一線でやっていた時代で、
ブッチャーがフォークを持って対戦相手の額を割って
血まみれにする度に、お袋は俺に見せるのを嫌がっていた。

親父は特に誰のファンというのは無かったようで、
新日本も全日本も毎週見ていたし、
布団の上でプロレスごっこをよくしていた。

その頃、プロレスがまだよくわかってない俺が
興味をもったのは、今は亡きジャンボ鶴田の圧倒的なカリスマと、
ブルロープを振り回しながら客に毒づき入場してくるハンセンだった。
とにかくこの二人の試合は毎週噛り付いて見ていた。

いつしかプロレスの魅力にどんどん引き込まれていき
段々とルールやレスラーの名前も覚えるようになっていった。

しかし、その後プロレスで衝撃を受けたのは、
たけし軍団がとある外人を連れて、試合に乱入してきた時だった。
この男が、その後の日本プロレス界を圧倒的パワーで席巻したベイダーである。

ベイダーの余りの強さとパワーに、見ていた俺は痺れた。
ようは、鶴田、ハンセン、ベイダーという
パワー系でカリスマ性の高いレスラーが大好きだったわけだ。

中学の頃になると、馬場と猪木はメインを張ることも減り
偉大な二人の遺伝子を継ぐ、第二世代のレスラーと、
四天王と闘魂三銃士が台頭する第三世代の時代へと変わっていく。

新日本では、長州や藤波ら第二世代と、
武藤、橋本、蝶野ら三銃士が世代闘争を繰り広げ、
全日本では、鶴田、天龍らと、
二代目タイガーマスクから素顔に戻った三沢、
小橋、川田、田上ら四天王が
同じく世代闘争を巻き起こしていた。

この頃には、親父がプロレスを段々と見なくなったが、
一人でTVの前でプロレスを見ながら興奮していたのを覚えている。

既にプロレス界の情勢も理解できるようになり
新日と全日のレスラーは不可侵だったり、
スタイルや色が違うことも分かりだした頃。

プロレス中継は、新日も全日も当然毎週見ていたが、
王道を貫く全日本より、派手な演出をする新日本のファン贔屓になっていた。
何より三銃士、特に武藤とグレートムタの大ファンだった。

学生時代は、ファミコンで初めて発売されたプロレスゲームから
プレステまで、出るプロレスゲームは、団体問わずほぼ全て買っていた。
新日本、全日本、UWF、女子プロ、WWFなど。

高校に入って、それぞれ地元のツレが別の高校に進学しても
学校が終われば、毎日のように俺の家に集まってプロレスゲームをして、
週末はプロレス中継に夢中になり、プロレス会場に足を運んだ。
勿論、毎週プロレス雑誌も買っていた。

この頃になると、団体を問わず全てのプロレスに興味があり
先にゲームでも述べたとおり、新日、全日、UWFからインディー系
女子プロレスや海外のWWFまで、見れるものは全て見ていた。

学生時代で衝撃を受けた試合と言えば、
ハンセン対ベイダーの試合も個人的にベストバウトだが、
リアル会場で見た中で衝撃だったのは、
ライガーの秘技といわれた、スターダストプレスを見たことかもしれん。

しかし、ダントツで一番鮮烈に印象に残っている試合は、
やはり新日本対Uインターの全面戦争で、
武藤が高田を破った試合以外は考えられない。

だいぶ長くなったので、一旦ここで終了して
後日、また書きたいと思います。

この後、プロレス界は日米問わず大きく揺れ動き
俺の中のプロレスというものの見方も
大きく変わって行った頃なのでキリもいいだろう。

ということで、多分続く。


この投稿へのリンク

Read Users' Comments ( 0 )